和服を着る

夏祭りや成人式などで、和装をしている男性を着かける事はありますが、それ以外で一般の男性が和服を着ている所を目にする事は、女性が着物を着ている所を目にするのに比べてぐっと少なくなります。和装は日本の民族衣装であり、昔は誰もが着ていたものでした。それにもかかわらず、男性が和服を着る事が少なくなった理由は一体どのような事でしょうか。まず、着物はアイテムが多くて、揃えるのが大変であると言う事、ルールが多く覚えるのが大変と言う点が第一のハードルになります。それらのものは、昔は日常的に行われていた事なので、覚えてしまえば誰にでも着物を着る事が出来ます。

しかし、一番の問題として、それらを学ぶ環境が少ないと言う点があります。女性用の着付け講座は沢山ありますが、男性用の着付け講座と言うのは余りなく、習う事も難しいと言うのが現状です。昔は、家族が着用方法を教えてくれたり、自分で周りの大人を見てルールを覚える事が出来ましたが、噺家や、梨園の仕事をしていない限り、日常で着物ついて学ぶ事もないので、男性が着物を着用する機会は減ってしまいます。

では、一体どのようにすれば、男性用の着付けを学ぶ事が出来るでしょうか。一番手軽な方法は、男性用の和装を取り扱っている呉服屋さんの着付け教室を利用する事です。呉服屋さんであれば、どのようなアイテムを揃えれば良いのかと言う事も教えてくれますし、自分が持っていないものは、そこで買い揃える事が出来ます。男性用の和装を取り扱っている呉服屋さんであれば、着付けの方法を知らないと言う事はありませんので、ルールを教えて貰いながら書籍でも勉強をしておくと良いでしょう。男性だって着物を着る方法さえ解れば、気軽に和装を楽しむ事が出来ます。

書籍を選ぶ際には、出来るだけ初心者でも解りやすいものを選ぶようにしましょう。着物の着方や、帯の結び方の写真が載っており、解説されているようなものを選ぶと、実際にイメージしやすいので、言葉で説明されているものよりも、図解されているものを選ぶと良いでしょう。着物の扱いは、一度習ったからと言って中々覚えられるものではありません。なので着付け教室から帰ったら、忘れないうちに家で何度か着付けの練習をすると良いでしょう。途中で解らなくなった場合や、忘れてしまったと言う場合は、インターネットで着物の着方や、帯の結び方を見る事が出来ますので、それらを確認しながら繰り返し練習してください。